強いアメリカ?

ドナルド・トランプが大統領になったら、世界経済にダメージ深刻、というのが米国とロシア(プーチンさん限定)を除くほぼ全世界でのコンセンサスです。

実際に大統領になったらどうなるのでしょうか?

不真面目に考えてみたいと思います。

まず、米国外交が激変します。

もしかしたら世界の警察をやめてしまうかも知れません。

米国が世界の警察をやめると世界は混乱するか?

逆に平和になるでしょう。

米国と利権が一致している独裁政権に肩入れすることがなくなれば、その国の国民は平和になるでしょう。

戦闘の巻き添えとなった犠牲者の家族が、反米テロに身を投じることも無くなります。

アジアから米国が手を引くことで、日中韓の関係悪化が激化します。

朝鮮半島では再び戦争が起こるでしょう。

中国と南シナ海沿岸諸国の小競り合いは、小競り合いで済まなくなるかも知れません。

経済的な影響も甚大です。

米国は排他主義となり、TPPをご破算にし、日中からの輸入に対して高い関税をかけたり、外資の現地資本に対する締め付けを強化するかも知れません。

南米と北米は関係が大いに悪化するでしょう。

米国は移民に著しく制限し、米国の人口増も止まり、その時になってようやく排斥主義を見直すかも知れませんが、トランプがもし2期務めるならそれが止まるのは9年後ということになります。

tsubaki_oil-1005

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です