想像力の欠如

株やREITの売買には証券会社のサイトを使いますが、どの証券会社も非常に使い勝手が悪いです。

SBI証券の取引サイトなど怒りが湧いてさえきます。

なんで使い勝手が悪いのか、私なりに整理してみました。

 

まず、目的の場所に到達できない点です。

その理由としては、メニューの数の多さ、これに付きます。

銘柄やサイト内検索は良いとして、ショートカットメニューがあり、その下にメインメニューが並びます。

この時点で16項目です。そして、この時点での目的の場所へ辿りつく確率は1/16です。

 

更に、メインメニュー12項目は、それぞれ6~10程度のサブメニューがあります。

サブメニューまで含めると、すでに1/数百になります。

こうなるともはやサイトを熟知していても辛いものがあります。

取引は急を要する場合がありますが、これでは瞬時の売買など不可能でしょう。

 

さらにサブメニューは紛らわしく、その入り方はカーソルを置く事で表示されるプルダウンと、予め表示されているアンカーがあります。

この2つは同じものなのですが、入り方がなぜか2通りあります。

 

サブメニューに入っても安心は出来ません。

こんどはタブ形式のメニューに変わります。これまた最大10項目程度に別れます。

 

なぜこんなに複雑なサイト構成になっているのか、理由は色々あるでしょうが結果として利用場面を想定する「想像力」が欠如しているからに他なりません。

 

仕事をする場合、した仕事が及ぼす結果さえ思い描いておけば、大きくクオリティが上がります。

後は想定が現実とずれないよう、リサーチすることです。

tsubaki_oil-1005

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です