性能?スタイル?ポリシー?

MAZDAが2008年以来のロータリーエンジン搭載車を発表しました。

と言ってもコンセプトカーですが。

MAZDAは、SKYACTIV-Rテクノロジーを搭載した、「RX-VISION」というスポーツコンセプトカーを発表しました。

ロータリーエンジン車ファンには嬉しいニュースですが、最近のMAZDAは他の日本車メーカーには無い企業運営をしています。

それは、「魂動デザイン」と呼ばれる一貫したデザインコンセプトです。

かつては「Zoom Zoom」というスポーティーコンセプトを全面に押し出していました。

それは今でも踏襲されていますが、ここ数年のMAZDAは車両デザイン、設計、販売の全てにおいて魂動デザインを徹底させてます。

それはMAZDAレッドであったり5ポイントグリルであったり。

とにかく、ひと目でMAZDA車と分かるデザインです。

短期における収益ばかりに目が向いている日本車市場では、流行を追求した結果、伝統も一貫性も失われ、要素技術は凄いのかも知れないが面白みの無い車ばかりとなっていました。

流行が去れば価値も急落です。

MAZDAは技術だけでなく、欧州車のようなトラディショナルさを日本に定着させうる稀有な存在として注目を集めています。

tsubaki_oil-1005

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です